berkeley christian speed dating events places hook up glens falls private dating scan near progress match making near clute matchmaking pipestone minnesota
fc2ブログ

比奈

猫とヨルダン生活

タージモールのスタバとスマホホルダー


先日、久しぶりにタージモールへ行ってきた。
まもなく日本へ帰国される方とお茶をしに。

入り口で、
「カンマーマ!」كمامة
とマスク着用を促されるが、何故か荷物チェックは無し。
モールの中では、殆どの人がマスクを外してしまっていた。
店員さんたちは、しっかりとマスク着用。
まあ、中には顎マスクの人もいるが。

目当てのカフェが、タージモールではなくアブダリモールだったと現地で判明、そのままタージモールのスタバに行くことに。

カウンターにはビニールシートも無く、いつも通り注文ができた。
前に何処かのモールへ買い物に行った時は、まだテーブルに座ることは出来なかったと思うので、徐々に元の状態へと戻っているようだ。
なんせ、買い物、長女の送迎、柔道教室以外出掛けないので、世間がどうなっているのかわからない。

20200722031415f65.jpeg

ヨルダンオリジナルのカップ。
なかなか可愛いじゃないか。


店内は、以前よりテーブルの間隔が広くなっている気がした。
なので、静かに話をすることができる。


20200722031418538.jpeg

生意気な物を飲む、とても可愛いレディー。
2才未満の幼児にフラペチーノを与えるのは、日本では有り得ないよな。
スマホを向けると、満面の笑顔で応えてくれた。
ああ〜うちの子たちにもあんな時があったんだよなぁ。

街を歩くだけでほっぺたつねられて、赤くなってたな...
なんで抓るんだよ!と怒る間も無く通りすがりに抓っていく。
ヨルダンでは愛情表現らしいが、自分で想像してみて欲しい。
見ず知らずの他人に、すれ違いざまにほっぺた抓られてヘラヘラ笑われることを。
大人だったら「喧嘩売ってんのか⁉️」となるだろう。


楽しいお茶をした後は、少し買い物へ。
私は、最近欲しくなった車に付けるスマホホルダーをプレゼントしてもらった。
(sさん、ありがとうございます!)
これまで、スマホを横に置いて横見運転でgoogleマップを見ていたので、自分でも怖かった。
これからは、知らない街へ行った時や迷子になっても前を見て運転できる。

2020072203141716b.jpeg

後、もう一つの使い道が、、、
長女とyoutubeの動画投稿について話していた時、
ひょっとしたらヨルダンの普通の道を撮影してもいいんじゃないか?となった。
車だと、たまにとてもスリリングな場面があるし、
異国の渋滞をぼんやりと眺める...
(というのは、それほど楽しくないか...)


早速装着してみたが、マップは見れても、動画は下1/3がインパネ(インストルメントパネル...今初めて知った言葉。ダッシュボードと同義語。)で隠れてしまい、なんとも不細工な画面。

柔道教室の帰りに試していたのだが、それを見た次男三男が、
「恥ずかしいからビデオなんて撮らんといて!」
とご立腹。
「そんな車の中まで見る人おらんわ〜」と私が言うと、
「俺は見る...」と次男三男が声を揃えた。
見るのね。。。

そして、録画画面を見ていた三男が、
「横に座った人が手に持った方が良いで。
ガタガタ揺れたりボンッてなるのが面白い。」
と提案してくれたが、
「じゃあ三男、持ってくれる?」と聞いたら、
「嫌や」とつれない。
そう言うのがわかってたから、ホルダーを買ったんだよ。

しょうがないので、本来の使い道でホルダーを使うこととする。
異国情緒溢れるアンマンの渋滞する一般道を見てみたいという意見が有れば、子供たちを説得してスマホを持ってもらおう。





こういうのだとインパネは入らないよな。







ヨルダンの事を、多くの方に知ってもらうために、
ぽちっとおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

内容によってはこちらへ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村

ヨルダン受験事情〜ついに我が家にもタウジーヒが!


まさか、これについて書く日が来ようとは、
ブログを書き始めた時には、思いもよらなかった。
今までは、他人事として見ていたタウジーヒ。
(ヨルダンのセンター試験のようなもの。)

長女が今年、そのタウジーヒの年である。
誕生日はもう過ぎたので、花も恥じらう乙女の18才になった。
受験生。

親戚や知り合いの子たちが、タウジーヒだからと勉強している姿を今まで見てきた。
家の中で、本やノートを持って歩きながら暗記する姿は、タウジーヒがとても大変な事のように思えた。

細かいことはわからないが、伝え聞いたところでは、
50点以上で高校卒業資格獲得、
60点以上で大学入学資格獲得、
となるらしい。

甥っ子は、2度目か3度目のタウジーヒチャレンジで67点取り、なんとか大学入学資格を取っていた。
(大学は入ったけど、すぐに辞めちゃった。)

かと思えば、昨年のタウジーヒは簡単だったようで、高得点者が続出。
ヨルダンのタウジーヒの欠点の一つに、年によって難しさが変化する、というのがある。

数年前は、数学が超難しく、そのまた数年前は、英語が超難しい、などなど。
間に、妙に難易度の低い年もあったりで、これはある意味、運試しの様相も呈している。

順番からいえば、去年が簡単だったので、今年は難しい年...となるはずだったが、
ここに、コロナという伏兵が現れた。

4月5月頃などは、タウジーヒできるのか?と不安になるほどだったが、
幸い今では、ヨルダンはウイルスの押さえ込みに成功したようで、殆どが海外からの帰国者や国境を越えるトラックドライバーのみの感染報告となっている。

しかし、今までのように教室に大人数を押し込めることはできないので、
いつもは公立校だけを使っていた試験を、私立校も使って余裕を取っている。

更に、前から決まっていたのか、コロナのせいかはわからないが、
今年から、記述式ではなく、マークシート式に変更になった。
これにより、勉強方法も変わるようで、長女の友人の中には「もう今年はいい!来年がんばる!」という子もいたとか。。。

ついでにもう一つ、前々からあった話だが、
今までは年二回(夏と冬)あったタウジーヒの試験が、今年から、年一回の一発勝負となった。
もしも一つでも科目を落とすと、大学入学を一年待たなければならない。(ちなみに長女は8科目)
この話は何年も前からあったが、出ては消え消えては出て...長女の受験の年に大当たり。
そういえば、長女は昔からくじ運が強く、よく当ててたっけ。
ということは、今年は当たり年?
簡単なのかもしれないな。


さて、どういう日程で行われるかというと、
8科目の試験を23日間かけてする。

はあ?

...だろう。週二日一科目ずつ。


既に六科目終了しているので、残り二科目。
先程残りの科目を聞いて、暗澹たる気分になっている。
ターリーフとディーン
歴史と宗教
うちの子たち皆が苦手な科目だ。
ついでにアラビア語も苦手な科目である。
(アラビア語をちゃんと勉強したら、とてつもなく難しいらしい。)

なので、長女はエルミーという理数系のコースを専攻していて、エルミーのアラビア語などは、アダビー(文系)のアラビア語の試験より簡単だそうだ。
今年のアダビーのアラビア語の試験は、とても難しかったらしいという話を長女から聞いた。


一応私も受験生の母なので、長女には気を遣っている。

長女がタブレットをぼんやり眺めていると、思わず「勉強しなくてもいいの?」などと言いたくなるが、ここはもう大きな女性だ。
グッと言葉を飲み込み、温かい目で見守っている。
すると、ちらりと見えたタブレットの画面に何やら数式のようなものが写っていた。
言わなくて良かったぁ。
いやぁ次代が変われば勉強スタイルも変わるので、ほんと気を使う。


試験場所は、長女の学校の近くにある別の私立校である。
さすがイスラムの国。
この試験会場には女子しか来ない。

うちの近所にある私立校では、男子のタウジーヒが行われている。
今日も近くを通ったが、
これが長女と同い年⁉︎と驚くようなおっさんくさい男子がたくさんいた。
校門には、警察官が4、5人のグループで見張っている(何を見張っているのか...)。

そういえば、長女を迎えに行った時、車を停める所がなく、無理矢理校門近くに停めたら、どうやら車のお尻が出ていたようで、「交通の邪魔だからここに停めたらダメだ」と警察官に注意された。
私みたいなのがいるから、警察官も必要なのね。

ザルカの方では、アバヤ(黒い長い服)を着て、ニカブ(顔を覆う布)を着けて替え玉受験をした男性がいたそうだ。
「ここには女性しかいないから顔を出して」と言われて判明した。
ちゃんと化粧もしていたとか。


2020071902451024d.jpeg

この学校で試験が行われている。
正面の青赤緑の飾りは、夜になるとネオンで輝き、とても学校だとは思えない佇まいになる。

今の時期、変な所で車の渋滞が有れば、それはタウジーヒの送迎渋滞なので、温かい気持ちで耐えていただきたい。
子も親も必死なのだ。

そう、
必死な試験なのだ。

なのに...
長女は毎回、こんな足元で試験に向かっている。

【予告3月1日 ワンダフルDAY Rカードde最大23倍!】 ブリヂストン REGNO レグノ GR-X2 【特別価格6月末迄】 サマータイヤ 225/55R17 WEDS Weds Sport SA-25R ホイール4本セット 17インチ 17 X 7.0J +48 5穴 10020200719024612518.jpeg
素足におばちゃんスリッパ。

大らかな人間に育ってくれたようで、とても嬉しい。
(他の子たちは、普通の装いです。)






ヨルダンの事を、多くの方に知ってもらうために、
ぽちっとおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

内容によってはこちらへ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村

長男が来たので、観光地を巡ってみた!④


3月の初旬、
今思えば、ギリギリ海外旅行ができる時。
長男が、友人と一緒にヨルダン観光へきた。
(長男にしたら、観光ではなく里帰り?)
その時の思い出を、後々忘れないように書いている。

今回は、長男と巡るヨルダン4日目。

(初日から3日目までのブログは、下からどうぞ)
長男と巡るヨルダン観光①
長男と巡るヨルダン観光②
長男と巡るヨルダン観光③

我が家一推しのワディラムへ。

今まで使っていたワディラムのベドウィンキャンプは、
規模が大きくなり、世話係も変わっていて、以前のような素朴で気さくな感じが薄れてしまったので、旅行業関係の方におすすめキャンプを聞いて別のキャンプにしてみた。

そして、一番に名前が出てきたのが、ハーリドキャンプ。
日本人がよく行くキャンプなので、向こうも心得たもので、とても良くしていただいた。


今回は、なんと!平日だったこともあり、
長女、次男、三男の3人をお留守番とした。
甚だ心許ないところだが、
長女が「大丈夫!私がちゃんと次男と三男を起こして学校に行かせるから!
もう私は17才よ!
ママは心配しないで大丈夫!」
と心強いことを言ってくれた。
その裏には、
『へへへ、ママがいなければ、好きなことして好きな物が食べられる〜』
という魂胆があるのは、重々承知である。

ということは、もう一人、車に乗ることができる。
なので、前々から、ワディラムへ行きたいとおっしゃっていた先輩奥様も誘った。
万が一、私の体調が悪くなっても、ヨルダンでの運転免許保持者が二人いれば、アンマンに帰ってくることはできる。


早朝、先輩奥様を迎えに行き、そのままデザートハイウェイへ。

今回は、先にワディラムへ行き、2日目にペトラへ行くというコース。

ガンガンスピードを出さず、のんびり走ることにした。

途中、休憩しながら、警察に停められることもなく、
午後には、無事にワディラムに到着できた。


早速、お迎えのジープに乗って、
今回は、先にデザートツアーへ行くことにした。

20200711035909856.jpeg
愛しの長男(の後ろ頭)。
どうやら、行きにマクドナルドに寄ったようだ。
既に記憶にない。


202007110359206eb.jpeg

おわかりいただけるだろうか。
雲が多く、天気が悪い。
頃はハムシーン。砂嵐の時期である。


2020071103591030f.jpeg
こんな洒落たキャンプが、結構あちこちにできている。



20200711035912108.jpeg
ラクダの壁画



続いて、待望のきのこ岩。

憧れのきのこ岩は、予想以上に“きのこ”だった。


2020071103591371b.jpeg

が、横から見たら、


2020071103591567e.jpeg

なんじゃこりゃ、だった。
予想以上に、太ったきのこだ。


20200711035923208.jpeg
長男、きのこをおかずに、おにぎりをたべる
mさん、美味しいおにぎりをありがとうございました!


次に、ガイドブックなどに載っている橋。

20200711035916caa.jpeg

どこに?
遥か遠くの岩山の間にある。
これは登るのに何時間もかかるので、諦めた。


ここにも橋

202007110359182fa.jpeg

お気付きだろうか?
シャイの向こうに見える黒いモコモコした石。
数年前から、ワディラムのお土産屋でよく売られている。
前回のワディラム旅行の時、たかが石ころ...と思い、値段を聞いたら、5jdと言われた。
完全にぼったくられている。

それならば!と思い、落ちてないかとキョロキョロしながら歩いたが、落ちていなかった。
どこで拾ってくるのだろうか...
(というか、ここは保護区なので、拾っても持って帰ってはいけない。)


2020071103591986b.jpeg

うちの子たちが大好きな砂山。
大人ばかりだったので、ウキャウキャとは遊ばなかったが、
サラサラの砂を触っていると、心の中のモヤモヤも、
さらさらと流してくれるようだ。


そして、キャンプ到着。

広々としたキャンプで、ゆとりを感じられる。
キャンプの中には、テントをぎっちぎちに詰め込んで建てたようなキャンプもある。



20200711035922ce4.jpeg


ここからのんびりと眺める夕日は、一日の疲れをじわりと癒してくれるようだった。

つづく






ヨルダンの事を、多くの方に知ってもらうために、
ぽちっとおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

内容によってはこちらへ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村


長男が来たので、観光地を巡ってみた!③


長男と巡るヨルダン観光地の旅は、3日目を迎えた。

(遠い昔の話な気分。初日と2日目が気になる方は、こちらから↓)
長男が来たので、観光地を巡ってみた①
長男が来たので、観光地を巡ってみた②

3日目は、長男の休憩日。
どこも行きたくない、疲れた、ジャワードのマンゴーアイスが食べたい、ジャワードのホブズがいい、などと、我儘を並べたので、いそいそと、長男の友人を連れて出かけた。
せっかく遠いヨルダンまで来て、家でじっとしてるなんて気の毒だ。

20200627225549004.jpeg
子供たちと長男の友人が、ゲームに興じる。
長男、毛を染めてた。
そういえば、前回ヨルダンに来た時は、髭をはやしてた。


ジャワードとは、マルカにあるパン屋。
旦那の実家近くにある。

ジャワードは、手広く商売をしているようで、うちの近所のドッカーン(爆発音ではなく、小さな商店のこと)にも、小分けにされたホブズが配達され、買うことができる。
もちろん、他のドッカーンでも見たことがある。

ジャワードのホブズは、ふかふかのホブズではなく薄めである。
ほんのり小麦の香りが良い。

場所は、army st.をザルカ方面へ向かって走ると、右側にある。
ギリギリアンマン市。

久しぶりにマルカ方面へ走ったら、どえらい工事をしていて、
迂回迂回で、全く知らない地域を走ることになった。
この工事は、アンマンーザルカを結ぶ、高速バス?が走る道を作る工事。
スポーツシティーサークルのところも工事をしているが、
この前通ったら、内臓がゾワゾワするような基礎工事をしていた。


さて、そのジャワードだが、
常に車や人が多く、混沌とした雰囲気を漂わせている。
何年かぶりに行ったが、相変わらずごった返していた。

長男は、そこのマンゴーアイスが大好きだ。
次男三男も大好きだが、長女だけはマンゴーが苦手なので、長女用にチョコレートアイスを買った。
が、私はここのアイスが嫌いだ。

何が嫌いって、

20200627225548b61.jpeg

このはみ出たアイスが、冷凍庫から出して食べる度に、手がベタベタになって、蓋が割れて、イラッとする。

買いに行った時も、おじさんは「サービスだよ〜」と言うかのように、容れ物からはみ出さんばかりに、アイスを盛ってくれた。
(実際はみ出たし)

写真には無いが、このアイスを買うと、クッキー生地のコーンを付けてくれる。
このコーンもお店で焼いているので、美味しい。
間に合わない時などは、アイスの横でコーンを焼いているのも見たことがある。


せっかく実家の近くまで来たので、長男の友人を実家に案内した。

20200627225552479.jpeg

実家から見た景色。
この草むらのどこかに、以前飼っていた、猫の白ちゃんが眠っている。
白ちゃんを飼っていたのは、アンマンの街中で暮らしていた時。
白ちゃんが亡くなって、どうしたらよいかわからず、ここへ埋めにきた。

202006272255507a8.jpeg

可愛くない写真だが、本物は、とても綺麗好きで真っ白な女の子。


観光地巡りの旅ではないな。。。
うちが観光地ってことで、お許しを。
次回は、我が家一押しのワディラム巡りとなります。






ヨルダンの事を、多くの方に知ってもらうために、
ぽちっとおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

内容によってはこちらへ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村

クナーファを作ろう!(キナーフェとも言う)


長男との観光ブログ③の予定だったが、急遽、お伝えしたいことがあったので、しっかり覚えているうちに書いておこう。

ラマダーン(断食月)の時、
近所の商店で、キナーフェの毛を見つけた。
その時の自分が、何をどう考えていたのか、今ではさっぱりわからないが、その毛を買った。
毛とは、عجينة كنافة خشنة نية キナーフェ(クナーフェ)の生地。
キナーフェ(クナーフェ、クナーファなど)は、チーズが挟まった、アラブスイーツだ。

初めて食べる時は、とても甘いシロップがかかった狐色の生地と伸びるチーズ入りスイーツと聞いて、多くの人が怯むが、食べ慣れると、たま〜にとても食べたくなる、魔性の食べ物。
カロリーのことは、考えないようにしないといけない。
キナーフェは、家で作る物ではなく、「スイーツ屋さんで買う物」だと思っていた。


生地を買って、早速、家にたまたまあったガターエフ用のチーズで作ってみた。
作り方を動画で見たり、友人のアラブ料理の達人に聞いたりして、なんとかできた。
そして、その写真をtwitterにあげた。

20200616040327140.jpeg

すると、その写真を見たあるシリア人が「焼きが甘い」と言った。
そのシリア人の方は、たまたま日本人の奥様とヨルダンに来ていて、コロナのせいで日本へ帰れなくなっている。

シリア人「どうやって焼いたの?」
私「オーブン」
シ「オーブンは使わないよ。フライパンで焼くといい」

なんとフライパン!
うちのオーブンは、扉が壊れて閉まらず、紙を噛ませている状態なので、オーブンを使わないですむなら使いたくない。

「では、そのフライパンでの作り方を教えて欲しい!」(図々しい)
と、シリア人の旦那さんフィラスさんに言ってみた。

実は彼、日本で10年以上シェフをしている。
ネットで検索したら、笑顔で出てくる方。
今は、東京の赤坂で、イタリア料理店でチーフをしているそうだ。

trattoria e pizzeria de salita 赤坂
お洒落そうなレストラン。
動画で見たけど、ピザが美味しそうだった。

ということで、急遽、キナーフェの作り方見学会を開いた。
立派な料理人の方に図々しいお願いをしているのは、重々承知である。

ここで、詳しくキナーフェの作り方を書きたいところだが、分量が大まかな上に、日本では手に入りにくい材料があるので、一つの知識としてさらりと読んでいただけると良いかと...
(クナーファと呼ぶそうだが、私の周りではキナーフェと言う人が多く、私もキナーフェと書くことにした)

この日用意したのは、1.5キロのعجينة كنافة خشنة نية。
キナーフェの生地。
キナーフェには、ナアメとハシュネの2種類がある。
ナアメとは、小さな粒、柔らかいという感じの意味。
ハシュネは、長女によると「茶碗洗うスポンジのガサガサした方な感じ」だそうだ。
うちの家族で私以外が、ナアメ派である。
でも、作るのが私なので、今回はハシュネ。
このハシュネの生地を細かく砕いて作れば、ナアメのキナーフェを作ることができるそうだ。


キナーフェの生地はハビーバから購入。
いつも店にある物ではないので、事前にあるかどうかの確認が必要。
うちの近所の、スイーツも売るパン屋には無かった。

更に、1.3キロのモッツァレラチーズも用意。
こちらでサムネと呼ばれているghee。
写真のサムネは、100%パームと書いてあった。
サムネを使うと、あら不思議。
異国情緒溢れるお菓子になる。

20200616035749e21.jpeg

癖のある匂いなので、使い道に困る。
私の中では、旦那の実家の卵焼きの匂いの思い出。
集まった日本人は、ほとんどの方が顔をしかめていた。

後は、牛乳500ml、砂糖2カップと1カップの水だけでできる。

先ず、前日にモッツァレラチーズを茹でて塩抜きして、一晩水に浸けておく。
この時、恐ろしいほどチーズから油が出てきた。
「茹でると溶けるので、注意が必要だ」とフィラスさんにアドバイスを頂いたおかげで、溶かしてしまうことはなかった。

20200616035739e6b.jpeg
こんなにたくさんのモッツァレラチーズが、うちのまな板の上にあるのが不思議。


翌日、作り始める前に、チーズの水をきり、牛乳に浸ける。(チーズの半量の牛乳)
クリーミーになるそうだ。
それを手で、細かくする。
20200616035745f78.jpeg


次にキナーフェの生地を、バラバラにする。

20200616035738e98.jpeg
ソーシャルディスタンスは何処。
もうヨルダンでも、外出自粛に辟易としている。

先に、甘いシロップを作っておくのをお勧めする。

熱いキナーフェに、冷たいシロップをかけると、パリっとするから。

砂糖2カップと水1カップを火にかけて、少しとろみがつくまで煮る。
ここにフラワーウォーターを、ほんの少し入れてもよい。

フライパンにサムネを多めに入れ、広げる。
ここで、ほんの少しフライパンを冷蔵庫に入れて冷やしていた。
そこに生地を、満遍なく入れていく。

20200616035742d5d.jpeg
鍋底で押す。


20200616043309023.jpeg
チーズもムラなく広げる。
端の方は、空けておく。

更に生地を薄く乗せて、軽く押す。

弱火にかけて、ムラなく焼き目がつくように、目を離さずフライパンを動かす。

周りが狐色になれば、ひっくり返して反対側を少しだけ焼く。

受ける皿にもサムネを少し塗り、そこにこんがりと焼けた面を上にして置けば、

2020061603574823b.jpeg

出来上がり〜
ピスタチオが有れば、少しまぶす。
ここにお好みの量のシロップをかければ、贅沢なアラブスイーツの出来上がり。

キナーフェは、材料の質によって、かなりの味の差が出てくると思われる。
安いチーズ、安い油を使うと、胃もたれのするくどいキナーフェとなる。

今回は、ハビーバの生地、ちゃんとしたモッツァレラチーズ、有名なサムネを使ったので、とても美味しいキナーフェができた。
ありがちなのは、モッツァレラチーズの代わりに安いチーズを使い、材料費を浮かせようとする。


材料のまとめ。(おおまかな量)
直径24センチのフライパン

生地、400gくらい?もう少し少なかったかも。
モッツァレラチーズ 500gくらい?もう少し少ないかも。
ghee(サムネ) 大さじ8
砂糖1カップと水半カップ

材料は少ないが、メインの生地が日本では入手困難だろうな。
gheeは、バターで代用することもできる。
しかし、バターだと普通の外国のスイーツになるので、面白くない。
もしも、これらの材料を見つけた方は、是非チャレンジしてみてください。


さて、お気付きだと思うが、かなりのキナーフェの生地が、我が家の冷凍庫に残っている。
この時は、24センチフライパンと更に少し大きめなフライパンでも作った。
なのに700gくらいの生地が残っていたので、ミニキナーフェを作った。

20200616035737fa1.jpeg


うちの親子4人なら、これくらいでちょうど良い。
ヨルダン人には、一人前かな。



amazonに売ってた!
ガタイフっていうのか...なんかピンとこないな。







ヨルダンの事を、多くの方に知ってもらうために、
ぽちっとおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

内容によってはこちらへ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村
最新記事 fc2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
おすすめ
月別アーカイブ
rssリンクの表示